2023年1月28日土曜日

ヘアカラートリートメントに替えて1年経った現在の様子

髪の内部までカラー剤が浸透する「ヘアカラー」をやめて

カラー剤が髪の表面をコーティングするように着色する

「ヘアカラートリートメント」に切り替えたのが

昨年の2月はじめ。


ヘアカラートリートメント剤も

ルプルプ → 利尻 → レフィーネ と乗り換えてきました。


ルプルプや利尻は、私の使い方が下手だったのもあって

頭皮がかゆくなってしまったのです。


頭皮にやさしいレフィーネをしばらく使っていたのですが

少し前にまた乗り換えました。


今使っているのはコレ。

「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」


マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

ベージュのボトルがブラウン、茶色のボトルがダークブラウンで

2色を混ぜて使っています。


なぜ乗り換えたかというと、レフィーネの色味が

だんだん赤紫っぽくなってきたから。


たぶん、もともとそういう発色だったんだろうと思います。

最初は、その前の利尻などのブラウンが残っていたために

赤紫が目立たなかったけど

利尻残りが消えていくにつれ、私の髪質もあって

赤紫が強く出るようになったのでしょう。


レフィーネは頭皮にやさしい分、褪色も早くて

この色味が褪色すると

すごくツヤのない、妙に老けた感じの髪になってしまうのです。


それで一度、利尻に戻してみたところ

やっぱり頭皮がかゆくなってしまってダメ。


で、ネットで調べてマイナチュレを買ってみたわけです。


使ってみると、色がすごくしっかりのって

色持ちも、ルプルプや利尻くらい良い。

だけど、ルプルプヤ利尻のような強いかゆみは出なくて

今のところ、良い手応えです。


2色を混ぜた色味も

今までの中で一番気に入っています。


もともと、ヘアカラーから

ヘアカラートリートメントに替えたのは

ヘアカラーによるダメージで抜け毛・切れ毛が多くなったため。


特にドライヤーで髪を乾かしたあと

床に落ちている髪が多くて

1回1回掃除しないといられないくらいでした。


でも、ヘアカラートリートメントにして1年経った現在は

ドライヤー後の抜け毛、切れ毛がほとんどなし。


少なくなった、のではなく

ほとんどない、というのが驚きです。

前はどんだけ傷んでたんだ。。。


切れ切れになって薄くなっていた前髪も

長さはまだ不十分だけど、毛量はしっかり回復しました。

この点だけでもヘアカラートリートメントに替えてよかった!


子どもたちとのエピソード

 NPO法人カタリバの公式noteで書かせていただいている

サードプレイスの子どもたちの記事に

シリーズ名がつきました。


「子どもたちとのエピソード」


シンプルでわかりやすくて

なかなか良いシリーズ名だと思います。


その第3弾記事が公開されました。

今回は学習障がいのある男の子のお話です。


カタリバ公式note【子どもたちとのエピソード】

高校に行くにはどうしたらいい? 

学習障がいのある男の子が

オンラインのサードプレイスで見つけた「自信」と「将来の夢」


高校に行くにはどうしたらいい? 学習障がいのある男の子がオンラインのサードプレイスで見つけた「自信」と「将来の夢」


2023年1月21日土曜日

やっと初詣

初詣に行ってきました。


昨年11月22日に愛猫・ももたが亡くなり

その四十九日が、今年の1月9日。

それまでは気持ち的に「忌中」でした。


人には知らせなかったし

年賀状も、いただいた人には送り返したけれど

正月飾りも初詣も今年はやめていまして。


四十九日にももたのところにお参りに行き、忌明け。

仕事がひと段落したタイミングで初詣へ行ってきました。


1月も半ばというのに、お参りに来ている人がけっこうたくさん。

本殿前には行列ができているほどでした。

みんな初詣? んなわけないか?


おみくじは、なんと大吉!

目上の人って、だれ?(笑


初詣


お金のプロがやっている「節約と貯蓄に効く支払い方法」

 節約アドバイザーの丸山晴美さんは

最近、財布を開けることがなくなり

そうしたら、以前より貯めやすくなったとのこと。


私も財布を開けることがなくなったのだけど

その後が、なぜ違うのか。。。。


丸山さんに、日々の買い物はどのようにしているのか

なぜ貯めやすくなったのかなどを聞きました。


Webサンキュ!

節約アドバイザー・丸山晴美の主婦が得するマネーNEWS

「貯まる人」は財布を開けない!? 

お金のプロが実践している「節約と貯蓄に効く支払い方法」とは


「貯まる人」は財布を開けない!? お金のプロが実践している「節約と貯蓄に効く支払い方法」とは


2023年1月15日日曜日

たった4年で驚くほど変わった男の子の話

教育やビジネスの話で、よく聞くようになった

「サードプレイス」と「ナナメの関係」という言葉。


サードプレイスは

家庭(第1の場)でも学校や職場(第2の場)でもない

第3の居心地の良い場所で

ナナメの関係は

親や教師(タテ)とも友達(ヨコ)とも違う関係。

地域の人や異業種の人、ちょっと年上の先輩などです。


実は私も高校生の時に

クラスメートの女の子に誘われて行った

「外国の人と英語で会話をしながら過ごせるカフェ」が

自分のサードプレイスとなり

そこでさまざまなナナメの関係の日本人&外国人と出会って

影響を受け

編集・ライターという仕事を選んだ、という経験があります。


そんな自分が仕事で

サードプレイスと出会った子どもたちのことを書かせていただくことに

なんだかすごく不思議な感じがしています。


実際にあったエピソードをもとに書かせていただくシリーズの

第2弾です。


カタリバの公式note

吃音、不登校、家での孤独……人が苦手だった中3の男の子が

「食」を通して見つけた“自分のテーマ”とは


吃音、不登校、家での孤独……人が苦手だった中3の男の子が「食」を通して見つけた“自分のテーマ”とは