2022年12月30日金曜日

全日本総合バドミントン選手権大会2022・決勝へ

調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されている

全日本総合バドミントン選手権大会2022・決勝を観てきました。


ケガから復帰した女子ダブルスの

フクヒロペアこと、福島由紀選手と廣田彩花選手が優勝したのも

うれしかったけど

やっぱり今回は何と言っても桃田賢斗選手。


今年はずっと不調で、初戦や2回戦敗退が続いていて

ネットでは「もう桃田は終わった」と散々言われていました。


それくらい本当に勝てなくて

秋の海外遠征をやめてトレーニングをして

この大会に臨んでいたのです。


正直、チケットを買った時は

桃田選手が決勝まで残るかどうかわからなかったけど

去年の優勝者・田中湧士選手を破って決勝へ進出しました。


決勝の相手は、少し前のリーグ戦で負けた西本拳太選手。

難しい試合になるのかも、と思ったら

21-11、21-16とストレートで勝利!


辛い時期が長かっただけに

桃田選手本人がとにかくうれしそうで

ファンの私もたいへん気分がよろしい(笑


写真は会場に飾られていたついたて。

上段左から2人目が桃田選手、下段いちばん左が西本選手。


全日本総合バドミントン選手権大会2022