2016年11月19日土曜日

2カ月かけて模様替え

4年半前に引っ越して以来、ずっと気になっていた
物置同然になっていた部屋を
やっと人間らしい部屋に模様替えしました。

今のマンションへの引っ越しは、短期間で決めたことだったので
家具の処分や購入をする余裕がまったくなく
使わなくなったベッドや大量の衣装ケースなどを
1つの部屋に押し込んでいたのです。

ついつい、そのまま物置兼着替え部屋として使っていたので
引っ越したときにこの部屋につけたエアコンも
いまだに1度も稼働したことなし。

秋のある日、そんな状態が突然すごくもったいなく思えて
整理する決心をしたのでした。

まずはいちばん幅を取って邪魔だったベッドを粗大ゴミへ。
大きめのタンスを買って服や小物を整理し
山積みだった衣装ケースも粗大ゴミに。

ベッドや衣装ケースが積まれていた壁に
カビが(!)発生していたので、念入りに除去して
今度は壁とタンスの間を少し空けて風の通りを作りました。

もともとあった洋ダンスや整理ダンスなどの配置も変えて
プリンター置きになっていたテーブルをこの部屋に移動して終了。

仕事の合間に少しずつ進めたので、けっきょく2カ月かかりましたが
本を読んだり、趣味事をじっくり楽しめる
落ち着いたスペースができ上がりました。

私はお出かけ好きなせいか、昔から住環境にはこだわりが少なくて
だからこの部屋も4年半も放ってしまっていたのだけど
整理して使い勝手のいい部屋に変えたら
思っていた以上に自分が気持ちがよくて、驚いています。

何より、カビやゴミを退治して
清潔でゆったりした空間になったことが心地いい。
やっぱり自分のいる場所を整えることって大切ですね。

家具の買い替えなど、労力もお金もけっこうかかったけど
やった甲斐はあり。
こういうお金の使い方ならムダではないから、それも気持ちがいい。

写真は模様替えした部屋の大きいタンスの上に登ってはしゃぐ猫。
この部屋には居着かなかった猫たちが
模様替え後はよくタンスの上に登って遊ぶようになりました。
なのでタンスの上にマットを置いて、猫のくつろぎ場所も用意。

この冬はこの部屋で、猫たちとゆっくり遊ぶのもいいかな。

ももた