2017年10月11日水曜日

Kindleの二度買い防止システムがありがたい

カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞をみて
映画化された小説「わたしを離さないで」を読んでみようと思い
Kindleストアでポチ。

したら、このような表示が…。








「お客様は2014/9/15に わたしを離さないで(ハヤカワepi文庫)を
注文されています。」

またやってしまった。。。。

そうでした。
前に読んでみようと思って買ったももの
予想以上に重いテーマがそのときの気分や体調に合わなくて
数ページ読んでやめてしまったのでした。

私は小説を作家で選ぶことが多く
本のタイトルにはあまり注意していないので
昔から同じ本を二度買いしてしまうことがよくあります。

そのたびに深〜く後悔・反省するのだけど
このクセはなかなか直ならない。

Kindleにしてよかったことの1つは
この二度買いを防ぐことができるところ。

本を選んで購入ボタンを押しても
上のようなアラートが出て購入にいたらず
さらには再ダウンロードしてもう一度読むことができます。

ありがたいシステムだわあ。

Amazonの紙の本についてもこういうシステムになってるのかしら?
気になるけど、試してみる気にはなれない(笑

二度買いグセのある方、Kindleが安心です。

というわけで
あらためて「わたしを離さないで」を読んでみようと思います。