2014年3月28日金曜日

ランニング用カスタムメイド・インソールで本当に痛みなく走れるようになりました

無理なランニングをして
足底筋膜炎を発症したのが7年くらい前。

以来、ランニングシューズ用に
インソールをカスタムメイドしています。

とはいえ、ここ2〜3年は
会社を辞めたり、引っ越したりとバタバタしていて
さらに、ひざを傷めてランニングを休んでいた期間もあり
ずっと同じシューズとインソールでしのいできました。

でも、それもそろそろ限界。
インソールがぺったんこになってしまっています。

というわけで、シューズは2年ぶり、
インソールは3年ぶりに新調してきました。

ランニングシューズとオーダーメイドインソール
カスタムメイドしたインソールが入っているミズノのランニングシュース。
左はもともと入っていたインソール。
ミズノの製品は本当に質がよくて大好きなのだけど、このデザイン力は…
もうちょっとどうにかならんかなあ。。。























私が愛用しているインソールは
神保町にあるRun Design(ランデザイン)のもの。

3D足型計測器で立体的に足を計測したり、
フットスキャンで走行中の足の接地面を測定するなど
さまざまな専門的チェックをして、
バランスのいい走り方ができるインソールを作ってくれるのです。

その前は、今はなきショップ、フットレスキュー(神保町)や
神田のATHLETE CLUB(アスリートクラブ)でも作ってみたけど
セレクトしてくれるシューズが気に入らなかったり
肝心のインソールが合わなかったりして
けっきょく、Run Designに落ち着きました。

どのショップが上手い下手、というよりも
ショップやそこの人との相性が大きい気がします。

インソールを作るようになってからは
足底筋膜炎がぶり返すこともなく快適。

あのときほどは走り込んでない、というのもあるけど
今でも普通のインソールのシューズでランニングを続けると
やっぱり足に違和感が出てくるので
インソールの力は大きいと感じています。

もはやカスタムインソールは、私にとってランニングの必需品の域。
ランニング用カスタムインソール、
地味におすすめしたいアイテムです。